タンパク質が不足すると太りやすいのは、代謝が下がるからです。そこでタンパク質に続いて、代謝についてもきちんと説明しておきましょう。じっと横になっているときでも消費している必要最低限のエネルギー量を「基礎代謝量」といいます。体温を保ったり、呼吸をしたり、内臓や脳を動かしたりするために必要とされる最低限のエネルギーのことです。1日に消費しているエネルギーのうち、基礎代謝量は元%ほどを占めます。

太るかやせるかを決めるのは、食事による摂取カロリーと消費カロリーのバランス。

基礎代謝量が高いと消費カロリーが摂取カロリーを上まわりやすいので太りにくく、逆に基礎代謝量が低いと消費カロリーが摂取カロリーを下まわりやすいので太りやすくなります。

代謝するのは「筋肉」です。筋肉はずっとアイドリングをしているエンジンのようなもの。じっと動かないときでも、体温を保つために体脂肪を燃やして代謝活動を行っており、その割合は基礎代謝量の3~8%を占めています。

基礎代謝量のうち、脳や内臓の代謝はほぼ一定ですが、筋肉の代謝はその人のライフスタイルによって大きく変わります。活発に運動して筋肉量を増やすと、基礎代謝量が高くなるので太りにくい体質に。逆に運動不足で筋肉量が減ると、基礎代謝量が下がって太りやすくなるのです。

運動以外に筋肉量の増減に大きく影響するのが、タンパク質の摂取量。筋肉は外時間休みなく、分解と合成をくり返す「新陳代謝」を行っています。先ほど説明したように、筋肉は水分を除くとほとんどタンパク質からできていますから、タンパク質が足りないと原料不足で筋肉が減り、代謝が落ちて太りやすくなります。

運動不足だと8代以降、下半身を中心に筋肉量が年1%ずつ減るといわれています。筋肉が1減ると基礎代謝量は1日8落ちるとされていますから、1年でトータル8km/日×365日=1万8250km。体脂肪1姫は7200婦ですから、1年で約2・5gの体脂肪が増える計算になります。これがいわゆる中年太りのメカニズム。「食べ過ぎていないのに太りやすくなった」

という自覚がある人は、思った以上に筋肉が減っている恐れがあります。

タンパク質不足のサインを見逃すな

タンパク質の摂取が大切…。そういわれても、はたしてタンパク質が足りているのか、それともタンパク質不足で筋肉が減っているのか。これを正確に知るには医学的な検査が必要ですが、タンパク質不足を示すいくつかのサインがあります。

たとえば、ミカンやオレンジを食べたときに手足が黄色くなるタイプは、タンパク質が足りていない可能性大。ミカンやオレンジの黄色は「レチノール」や「8-クリプトキサンチン」という色素ですが、血液中にこれらの色素を運ぶのはタンパク質です。タンパク質が足りないと、色素を運ぶタンパク質も不足します。レチノールやs-ブトキサンチンが必書な軸織に運ばれないため、手足などの末端に沈着して黄色くなるのです。商品を運ぶトラックが足りないため、地方の倉庫に在庫があふれているような状態です。

浮腫がとれない人もタンパク質が不足している恐れがあります。肝臓でつくられるタンパク質の一種「アルブミン」が足りなくなるからです。

ダイエットサプリアワードで首位になったサプリを飲む

ダイエットサプリアワードで見事グランプリに輝いたグレートシェイパー。グレートシェイパーの口コミを見ると、そのダイエット効果の凄さがわかります。特に注目すべきは成分です。生姜と同じレベルの代謝アップ成分が目白押し。口コミは右記のサイトがわかりやすいです→グレートシェイパーの口コミ

ダイエットしながらやるべき美肌対策

痩せることばかり考えていると、お肌が劣化します。具体的には肌荒れが起きてしまいますね。 http://kirei-skin.net/content/8542/に書いている情報を見ると、やはりストレスがお肌劣化の原因になるみたい。特にポツポツとイボ状の吹き出物が出来るとか…。