ワイン通販で自分の好みの白ワインを選ぶ方法

ドイツの高品質なものはほとんどこのリースリング

白ワインの種類と特徴として、まず第一に挙げられるものがシャルドネドイツの高品質なものはほとんどこのリースリングフランスのロワール地方は、軽やかな白ワインがたくさんつくられている

そしてリースリングと呼ばれるものです。
代表的な産地はドイツやフランスのアルザス地方であり、ドイツの高品質なものはほとんどこのリースリングからつくられています。
フレッシュな酸味が感じられ、花のようなアロマや果実の味が大きな特徴です。
このブドウからつくられるものは甘口のものが多いでしょう。
四つ目に挙げられるものは、日本固有のブドウの品種甲州です。
ワイン用として栽培されているだけではなく、生食用として栽培されているものも存在しています。
以前までは甘口が多かったのですが、近年では辛口も生産されるようになりました。
栽培技術や醸造技術などが進化を遂げるにつれて品質も向上し、近年では世界において高い評価を受けています。
繊細な香りで、軽い口当たりが特徴です。
五つ目に挙げられるものがセミヨンと呼ばれるフランスのボルドー地方で栽培されているものです。
世界三大甘口ワインの一つとしても有名です。
六つ目に挙げられるものはミュスカデです。
フランスのロワール地方で数多く栽培されていて、淡い黄金色と、豊かな果実の味、フレッシュな酸味が特徴のワインです。
発酵の途中にできる沈殿物をとりのぞかずに、その上で熟成させる製法がもちいられているケースも見られます。
味に深みが増す特徴があります。
このように使うブドウによって、様々な味の違いがあることがわかります。
そして生産地の特徴を知っておくことも大切です。
まず第一に挙げられるものがフランスのブルゴーニュです。
この地方ではシャルドネから数多くの白ワインがつくられています。
高値で取引きされることが多く、生牡蠣とよく合うとされていて、すっきりとした辛口が特徴です。

#ヴァイオレット・エヴァーガーデン #VioletEvergarden
物販で購入させて頂いた
グラデーショングラス
大切に使ってこそ意味があると思うのです
パープルには赤ワイン、
グリーンには白ワインを。


物販は公演終了時には売切れだったので購入したい方は通販を。
https://t.co/liFwTxn3Rj pic.twitter.com/OBSVxOoRpS

— ロラーフェ (@bassdrill0619) 2019年7月27日